twitter_Bk3f04-CcAAzIP-
現役引退を発表した鹿島アントラーズの内田篤人に、かつて同じブンデスリーガで戦い、日本代表でも共闘した乾貴史が、自身のインスタグラムでメッセージを送った。

乾は4枚の写真とともに、「うっちー!お疲れ様でした。ありがとうございました!!」と惜別を送った。投稿されたのは4枚で、いずれも乾がフランクフルト、内田がシャルケに所属していた2012-13年時のものだ。試合中にマッチアップする姿や、プレシーズマッチの際に撮影したツーショットなど、貴重なシーンが収められている。  この投稿は、アップ後1時間で1万3000件以上の「いいね」が寄せられるなど反響を呼び、「アギーレジャパンでお二人がそろったホンジュラス戦は最高でした」、「最強の2人やな」、「ほんまにこのコンビ好き!」、「エモい」、「もう一度代表で観たかった」、「さびしくなるねえ」、「乾選手と内田選手イケメンすぎる」などのコメントが続々と寄せられている。    ともに1988年生まれの32歳。今もスペインで現役を続けている乾の言葉は、引退を決めた内田の胸にどう響いただろうか。