twitter_Efah3SQWoAInlVc
バルセロナのFWルイス・スアレスがバイエルン・ミュンヘン戦の大敗を振り返っている。スペイン『エル・パイス』が報じた。

バルセロナは2019-20シーズン、12シーズンぶりの無冠に終わった。ラ・リーガでレアル・マドリーに逆転優勝を許すと、チャンピオンズリーグでは準々決勝でバイエルン・ミュンヘンに2-8と大敗。ショッキングな敗退となり、スアレスはこのように振り返っている。 「バイエルン戦はすべてがうまくいかない日だった。全くレベルが違ったし、なぜうまくいかなかったのかわからない。言い訳はしたくないが、このようにレギュレーションが異なる年は稀で、バイエルンの方がいい準備をしていた。彼らは頭の中がクリアだったし、僕らはいくつかの疑念を持ったままリスボンに向かった。それが犠牲になってしまった」 また、「2試合であっても僕らは敗退していただろうけど、カンプ・ノウでの試合があれば、もう少しできたとも思うね」と語っている。