twitter_EgHJgl4UYAUhQrQ
元日本代表DF内田篤人(32)が24日、オンライン上で引退会見に臨んだ。  現役生活14年の間に、ドイツで約8年間プレー。欧州チャンピオンズリーグやW杯も経験し、世界と日本を知り尽くすが、「(世界と日本の差は)広がったなと思います」と話した。  「JリーグにはJリーグのスタイルがあるし、レベルが低いというわけではない」と前置きしつつ、「チャンネルをパパっと変えれば、欧州チャンピオンズリーグの決勝とJリーグの試合が見られるんですけど、違う競技かなと思う位。怒られるかな、こんなこと言ったら。歴史が違うので、ある程度の時間は必要なんじゃないかなと思いますし。その年の良しあしもあるし、一概には言えないけど。多分、差はすごいあると思いますよ」と率直に語った。