twitter_EgHJgl4UYAUhQrQ

小笠原、中田などの名前を列挙 「あの時の先輩たちは衝撃だった」


 J1鹿島アントラーズの元日本代表DF内田篤人が、24日にオンラインで引退会見を行い、現役時代に衝撃を受けた選手について明かした。「やっぱり黄金世代は凄かったなと思う」と吐露している。
twitter_CJML0DLUkAAuESv


内田は2006年に清水東高から鹿島に加入し、07年から09年のJ1リーグ3連覇などに貢献。10年夏にドイツの名門シャルケへ移籍し、10-11シーズンにUEFAチャンピオンズリーグ(CL)4強入りも果たした。ウニオン・ベルリンを経て18年に鹿島へ復帰し、8月23日のJ1第12節の本拠地・ガンバ大阪戦(1-1)が現役最後の試合となった。  現役時代に対戦し、衝撃を受けた選手について問われた内田は「日本人……誰だろうな。う~ん」と悩みつつ、「年齢的に自分が若かったこともあり、やっぱり黄金世代は凄かったなと思う」と振り返り、言葉を続けた。 「(小笠原)満男さん、(中田)浩二さん、新井場(徹)さん、野沢(拓也)さん、本山(雅志)さん、マルキーニョス、ダニーロ、(大岩)剛さん。あの時の先輩たちは衝撃だった。練習でついていけないシーンも多かった」  鹿島の黄金期を支えたメンバーたちの名前を次々と上げた内田。高卒で鹿島に加わった若き日の内田にとって、そのインパクトは特大だったようだ。  続けて海外の選手についても触れ、「外国の選手で言えば、チームメートだったフンテラール、ラウール、ファルファンとかですかね」と言及。シャルケ時代に共闘した元オランダ代表FWフンテラール、元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスに加え、サイドでコンビを組んだ名パートナーの元ペルー代表FWファルファンの名前を挙げていた。  日本サッカー界を牽引した黄金世代のメンバーたちは、内田にとっても高い壁であり、追い抜くべき存在であると同時に大きな刺激を受けていたのは間違いないようだ。 twitter_30fe0adaa620d1b3214a9eee74d9c128