twitter_EglzVZSU8AAAVkC
神戸VS横浜FMの藤本選手の2点目のゴールを解説!


このゴールが生まれるまでのスコアは1−3で神戸が負けていた。
横浜も足が止まり出して決定機も外していたことが同点に追いつかれた原因だろう
サッカーは2点差が怖いっていうが、まさにそういう試合だった



このシーンから↓
スクリーンショット 2020-08-29 23.25.54
 ボールを持っている酒井選手がクロスを上げる瞬間のシーン
神戸の選手で反応している選手は藤本選手だけ動き出ししている
横浜のDFもボールウォッチャーになっているが畠中選手がマークを外してしまった
このシーンのポイントは 
藤本選手の動き出しの速さ
この試合では藤本選手はスタメン出場しているが、このゴールが生まれたのは90分
試合でずっと動き出しを繰り返していた藤本選手が身体的にきつい時間帯に
誰よりも速い動き出しをできた藤本選手の体の調子もいいことだと思う
ピンポイントのクロスをあげた酒井選手も凄いがこの動き出しを繰り返していた
藤本選手は凄かった
横浜のDFラインは体の向きも悪く、対応が遅れてしまった。



ゴールのシーン↓
スクリーンショット 2020-08-29 23.26.35
ピンポイントのクロスが入ったが、藤本選手は足を伸ばしててゴールを決めた
ここで凄いポイントは 
藤本選手のシュートイメージ、バリエーション
このシュートはファーサイドにキーパーの上を超えてサイドネットにゴールが決まった
ニアにチョンって触るシュートならパク選手がセーブできただろう
あえてファーサイドにシュートを打つことでパク選手の逆を突けた
素晴らしいゴールだった!


この試合終了間際に古橋選手が同点ゴールを決めて3−3に追いつけた
イニエスタ、フェルマーレン、ドウグラスを怪我で欠く中で2点差を同点に持ち込めたのは
次の試合に期待ができそう