twitter_Ehk4A2KWkAIK3ba

フランス リーグアンが開幕しました。
開幕戦パリサンジェルマンは1−0でランスに敗戦しちゃいましたね!
パリサンジェルマンは新型コロナウイルスの陽性者がたくさん出てしまって、ユースの選手たちが
多くランス戦に出場してました。
コロナの陽性者は主力の選手たちがなってしまって、ネイマール、エムバペ、ディ・マリア、ナバスが
いない状況での試合になってしまいました!

試合内容を振り返るとシンプルに連携が取れてなかったです!
攻撃は単調で、連携して崩していくシーンは見れなかった。
ネイマール、エムバぺ、ディ・マリアの世界屈指のアタッカーがいないと違うチームに見えましたね!
twitter_Ehk8lK7WoAM8Tl5


パリに対してランスはシンプルな崩しでシュートシーンまで行く機会が多かったですね!
奪ってから早く前線にボールを繋ぎ、攻撃を活性化していました!
その中でもランスのFWの27番イグナティウス・ガナゴは良い働きをしていましたね!
パリサンジェルマンのDFの背後のスペースにランニングして、速く仕掛けてパリディフェンスが
戻ってくる前にシュートまで持って行ってました!
パリサンジェルマンにとっては嫌な選手であったに間違いなかったですね。

ディフェンスは奪われてからの切り替えが遅く、速く攻撃をしてくるランスに対して
ディフェンスも手こずっていた印象が強いです!
ボールを自陣で失うシーンも多かったから、守備の時間が多かった!

GKブルカのパスミスがFWケイズ・ルイス・アティルに奪われると、そのままゴールとなってしまった。

改善する点は、コロナ陽性者が出て、メンバーが変わることは仕方がないが、
チームとしてやらなくてはいけないことはしないといけないと思いますね!