twitter_EiwnpNoVoAAfQNc
元日本代表の岡崎慎司選手は昨シーズンにスペイン2部のウエスカに移籍して、チームの主力選手としてウエスカのスペイン1部リーグの昇格に貢献して、スペインで大活躍してますよね!
今季1部に昇格して、ゴールはまだ決めれてないけど、めちゃくちゃ大事な動きとかしてくれてるし、相手にとっては凄い嫌な存在になってると思いますね!
滝川第二高校から清水エスパルスに入団して、活躍して日本代表にも選ばれて、2010年の南アフリカワールドカップでゴールを決めて、南アフリカワールドカップ終了後にドイツの古豪のVFBシュトゥットガルトに移籍して63試合10ゴールを決めて、マインツ05でも65試合27ゴールを決めて、夢だった誰もが憧れる舞台のイングランドのプレミアリーグのレスター・シティに移籍して4年間で114試合出場して、14ゴールを記録し、レスター・シティのプレミアリーグのリーグ初優勝に貢献しましたね!
プレミアリーグは優勝候補はマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リヴァプール、トッテナムが優勝候補で番狂わせが難しいリーグやのに、1部と2部のリーグを彷徨ってたレスター・シティがクラブ創設132年で初めてプレミアリーグ優勝に貢献しましたね!
あのときのレスター・シティのメンバーは凄いメンバーが揃っていて、現在もレスター・シティで活躍してリーグ得点王にもなった苦労人で、チームのエースのイングランド代表のヴァーディ、フランス代表のロシアワールドカップの優勝に貢献したカンテ、優勝直後マンチェスター・シティに移籍したアルジェリア代表マフレズがおってメンバーも揃ってましたね!
優勝に貢献して「影のヒーロー」とも言われてたから、その言葉は岡崎選手のプレースタイル的にも合ってる言葉やと思いますね!
レスター・シティ退団後、スペインのマラガに移籍したけど、マラガがリーグの定める選手年棒総額を超えていたから、岡崎選手の選手登録ができひんくて、契約解除されて、SDウエスカに移籍が決定しました!
スペインで日本人選手が活躍するのが難しいと言われてる中で、岡崎選手のプレースタイルがスペインで通用できているのかは、岡崎選手のオフ・ザ・ボールの動きが活躍できているポイントやと僕は思ってます!
twitter_DluB9xZW0AEnbAY




岡崎選手の特徴は相手ディフェンスとの駆け引きのところやと思っていて、テレビでは写っていないとこですけど、味方選手がボールを持っているときに相手選手の背後の動きをしていて、常に駆け引きしてる、だから相手選手は背後を取られて、後手になってファールをしてしまうことになるんですよね!
体も強くて、強靭なディフェンスでも体負けたりしてないから、前線でキープができてチームは攻撃が始めれるし、守備のときは前線で相手ディフェンスにプレスをかけて、パスコースを限定してくれるから、後ろの選手がボールを取れるからチームにとっては大事な選手ですよね!
スペインで活躍できているのは、スペインのディフェンダーはボールウォッチャーになってることが多いからディフェンダーの視界から消えてボールを背後で受けれてるから、スペインのディフェンスにとっては凄い嫌な選手ですね!
オフ・ザ・ボールの動きがワールドクラスやから日本人が活躍するんが難しいリーグで活躍できる要素ってことです!
ラ・リーガも開幕して良い動きもしてるんで、リーグ初ゴール決めてほしいし、大活躍して日本代表にも復帰してほしいですね!
twitter_Ei2f-h4WoAAuTqS