twitter_Eko_htgXYAEN1U8
プレミアリーグの古豪のアストン・ヴィラが今季プレミアリーグが開幕してから、唯一の全勝チームとなっていて、アストン・ヴィラの人気がここに来て急上昇していますね!
先週末に行われたレスター・シティとの試合でも、チェルシーから加入した元イングランド代表ロス・バークリーの後半ロスタイム弾で劇的勝利をして、僕も物凄く興奮しましたね!
僕は個人的にイングランド代表のグリーリッシュが好きやから、アストン・ヴィラの試合は毎試合チェックしていたんですけど、今年は資金内で獲得出来る選手たちを上手く獲得出来たなって思っていて、獲得した選手たちが上手くフィットしているし、アーセナルから獲得したゴールキーパーのマルティネスがめちゃくちゃ活躍してて、開幕してからリヴァプールに快勝した試合の2失点しかしていなくて、他の3試合ではクリーンシートで勝利しているから、マルティネスの加入で守備が安定感が出てるなって思います。
アストン・ヴィラが開幕4連勝をしたのは、90年前のことらしいですね!
今年はプレミアリーグをここ最近引っ張ってきたマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドが開幕ダッシュをすることができなくて、現在順位も下位に低迷していてるから、今年のプレミアリーグはこれまで中堅クラブって思われてきたチームの優勝もあるかもしれへんから、レスター・シティがプレミアリーグを優勝したときみたいなシーズンになる可能性があると思いますね!
僕みたいな熱狂的なプレミアリーグファンには、楽しいシーズンになると思うし、結構上位も混戦してるから、どこのチームも勝点が落とされへんから今年は例年以上に面白くなりそうです!
twitter_Eko_bRrW0AUqNTI
 



今年のアストン・ヴィラを見ていて、見て欲しいところは、イングランド代表のグリーリッシュを要する3トップも注目して欲しいとこなんですけど、僕は中盤の選手たちに注目して欲しいです!
アンカーのドウグラス・ルイスは若くしてブラジルのヴァスコ・ダ・ガマからマンチェスター・シティに移籍して、ローンでスペインのジローナFCに武者修行して、2019年にアストン・ヴィラに完全移籍したU23ブラジル代表のキャプテンで、アンカーの位置でボールを捌けて、ボールを奪える選手で今のアストン・ヴィラの欠かせない選手になってますね。
アストン・ヴィラの攻撃はドウグラス・ルイスから始まっているし、センターバックの間に入ってビルドアップにも参加してくるし、運動量も多いから顔を出す回数が多い選手です。
チームの舵を取っている選手はドウグラス・ルイやから、期待が大きい選手です!
twitter_EjhRx1mWAAAIgmV



セントラルのチェルシーから加入したロス・バークリーもおもしろい選手。ランパードが監督に就任してから出場機会が減少していたけど、アストン・ヴィラに移籍してきて、本来のパフォーマンスを出せてます。キープ力が高くて、ボールを奪われないし、決定的なシュート、パスが出せるから僕は大好きな選手です!
エヴァートン時代から好きで、ゲームをするときはバークリーは絶対僕は使っていて、めちゃ使いやすいい選手やからおすすめです!
バークリーはグリーリッシュと似たような選手だと思っていて、キックも上手いし、スペースがあればドリブルでボールを運べるし、なおかつボールを滅多に失わないところが僕はバークリーの好きなところですし、バークリーもグリーリッシュも難しいことをしやんくて、確実なプレーをするし、簡単なプレーなんやけど、正確性が高く、サッカーを知ってる選手で、お手本とするべき選手です。
twitter_EjhUfnqXcAEapPs



もう1人のマッギンも面白い選手ですね。マッギンは日本では馴染みがある選手ではなくて、知らない人も多いと思います!
マッギンも派手な選手じゃなくて、地味な選手で目立ったプレーはしてないけど、アストン・ヴィラのサッカーには必要不可欠な選手ですね!
マッギンは状況に応じたプレーができることが、マッギンの強みだと思っていて、チームに変化を与えることができるセントラルミッドフィルダーなんですけど、他の選手とは少し違う選手。
データを見たら面白くて、マッギンは1試合90分あたりのボールタッチ数が他の選手より少なくて、パス本数も少ないです。 
昨シーズンのデータなんですけど、90分あたりの平均タッチ数が「45.2回」で、平均パス成功率は「20.8本」で、パス成功率は「81%」で高いからパスの回数も平均しても少ない。
逆にドリブル成功数が「1.9回」で、ドリブル成功率は「74%」でドリブルの成功率が高いセントラルMFだと言うことがわかります。
あんまりボールに触ることがない選手だけど、チーム必要とされてるのは運動量が多くて、味方の選手のために走ってチームのためにプレーする選手だと言うことです。サッカーを知っているサッカーの本場のアストン・ヴィラファンからの評価は高くて、ファン選出のクラブ年間最優秀選手に輝いたこともある。
ボールにあんまり触らない選手が、今年は数字としても結果を出していて、全ての試合にフル出場して、1ゴール、4アシストで快進撃を続けるチームの欠かせない存在になってます!
twitter_EkS4o-ZX0AAtlxv


今年のアストン・ヴィラの強さは本物だと思うし、プレミアリーグのビッグクラブたちにどこまで太刀打ちできるのかが、楽しみやし復権を目指すチームやから、このまま快進撃を続けて、優勝まで突っ走って欲しいです!