twitter_EnHIqvUUcAADhPn
先日Jリーグが来シーズンのJ1リーグからJ2リーグに降格するチームが4クラブになることを正式に発表しましたね!
今シーズンは新型コロナウイルスの影響でJ1のから降格するチームが無しになって、J2からJ1に昇格するチームは2クラブになって、これまでのJ1より来シーズンは2チーム多くなることが決まっていて過密日程になることが予想されててJ1のチームはしんどいレギュレーションになると予想しますね!
来シーズンはJリーグ自体過密日程で苦しくなると思うのに、ACLに出場するチームはもっと日程がハードになって苦しくなると思う!
だから色んな大会に出場するチームは、2チーム作れるぐらいのチーム構成が必要で戦力を補強もしないとあかんから資金もいるから来シーズンは経営的に苦しいチームは出てくると思いますね!
1番大変なんは選手たちで、試合数が増えていったら疲労が溜まっていって回復するのが遅くなって怪我に繋がって大事な試合で起用できひんくなってしまったりとかも出てくると思うから選手に対する配慮もしていかないと行けないから監督の選手選考も大事になりますね!
僕が考える他の問題を2つ書きたいと思います!






①観客動員制限で経営が苦しくなる
新型コロナウイルスで今年のJリーグも初めは無観客になってしまったり、今は1万5000人まで観客を動員することが出来たけど、また新型コロナウイルスが全国で流行してきて第3波がきて新型コロナウイルス感染者が増えていってるから、このまま新型コロナウイルスの感染者が減らないとなれば、観客動員することは来シーズンも難しくなっていって資金を得ることが出来なくなるから経営難になってしまうクラブも多くなると思いますね!
使えるお金が少なくなったら選手に支払われるボーナスや給与も減給するしかないと思うから、選手にとっても苦しくなると思う。
スタジアムに前まで通りにいっぱいの観客が入って、試合をすることはまだまだ先になっていくと思うからクラブからしても、選手からしても苦しい時間が続いていくと思うし、クラブ経営するのは難しくなっていくから、クラウドファンディングとかで資金を集めたりして、経営難になっていかないように対策しないとあかんと思いますね!
twitter_EnG1OjMUwAA5E-D




②代表選手のハードスケジュール
Jリーグを戦う選手たちが大変なんは、もちろんなんやけど日本代表に招集されたらもっと日程がハードになっていって代表選手のコンディションは大変になりますね!
今の代表チームは海外で試合していて、日本代表に招集されている選手たちもヨーロッパのクラブに所属している選手しか招集されていない。この調子で新型コロナの終息が遅れていけば代表戦はあったとしても新型コロナが流行していない国で試合することになると思うから、Jリーグでプレーしている選手たちは招集されるのは無いと思う。新型コロナが落ち着いて国内の選手も招集することが出来たら招集された国内組の選手は移動とかも含めて、コンディションが落ちていってしまってベストパフォーマンスが発揮出来ないから、代表選手のハードスケジュールの配慮も各クラブはしていかないと思う。
ワールドカップの予選も始まっていくし、海外組の選手たちだけで戦っていくのは考えられへんと思うし国内組の代表選手はコンディションを調整するのはめっちゃ難しいと思いますね!
選手ファーストになって日本サッカー協会含めて日本サッカー全体で、この問題に対して話していかないとダメやと思うし、配慮しなかったら怪我人が続出してベストメンバーで代表戦も戦うこともできないと思うし、クラブも良い結果が出せないと思う。
twitter_EnCTOSCVcAAI60b




来シーズンJ1からJ2に降格するチームが4つになって、J1で戦ってきた常連組の降格も可能性としてもあると思うし、選手ファーストになってコンディション面を各クラブも管理していかないといけない。
代表もワールドカップの予選もあるからサッカー協会がどんな判断するかも大事なってくると思うから来シーズンは今まで以上に大変なシーズンになると思います!