twitter_EQUuNi-UUAEDpCB
J1リーグ第29節 鹿島アントラーズvs柏レイソルの4点目を決めた神谷優太選手のスーパーゴールを解説していきたいと思います!
試合は柏レイソルのアイディアあるコーナーキックから北爪選手がダイレクトボレーが相手のレオ・シルバ選手にあたってボールがイレギュラーしてゴールになって、後半にエヴェラウド選手のシュートのこぼれ球をファン・アラーノ選手が押し込んで同点にしたけど、オルンガ選手とクリスティアーノ選手のスーパーミドルシュートが決まって3−1でリードを広げて、90分+1に神谷選手のゴールで4−1で柏レイソルが勝利した!
その神谷選手のテクニカルなゴールを解説していきます!



スクリーンショット 2020-11-26 19.56.14
PA内の角付近で神谷選手が仕掛けていて、相手選手が飛び込んでくるのを誘っているのかなって思っていて、相手選手も中に戻ってきているから縦に勝負すると思いきや、マッチアップしている土居選手も縦を切りにいこうとしている感じだったんで、オルンガ選手にパスとみんな思っていたと思うけど、神谷選手はシュートのタイミングを図っていたことがこのゴールに繋がった。


スクリーンショット 2020-11-26 19.56.30
この状況でキーパーもニアにポジションをとっているし、ファーサイドにしかシュートを打つしかなかったと思うけど、土居選手のシュートブロックのタイミングを上手く外してファーサイドにシュートを打てることが出来ました。
シュートを打つタイミングでキーパーはニアサイドを切れているから、土居選手はファーサイドを切って守備の対応をしたらシュートコースは無かったし、味方選手も戻ってきてたからゴールは生まれなかったと思いますね!


スクリーンショット 2020-11-26 19.56.57
この神谷選手のシュートはホンマに神谷選手のシュートテクニックがハイレベルやったと思いますね!
このコースにシュートがきたらキーパーは取れないですね!
インフロントを擦るようにキックをしたら、こういったシュートを打てるから練習するべきですね!
シュートとキックが上手い選手は監督も起用しやすいし、僕の経験上キック・シュートが上手い選手は試合で使われると思うんで練習したほうがオススメですね!